30代の子持ちの時間もお金もパパがジムも通わず食事制限もなく筋トレとランニングのみで痩せます

時計型ガジェット(スマートウォッチ)でランニングの距離を時間を計測

こんな方に読んでもらいたい
  • ランニングのタイム随時確認したい
  • ランニングのペースを確認したい
  • 現在の心拍数を知りたい

ランニングを始めると、いまどのくらいのペースで心拍数の状態や現在の走行距離を知りたい。

そんなこと思ったことありませんか?

ランニングのペースを体感ではなく数字でハッキリとわかるとペースの調整がとても楽になります。

本記事ではランニングにあると便利な時計型のガジェットを紹介します。

時計型ガジェットとは

名前の通り、携帯できる時計型の電子機器です。

メジャーな呼び方ではスマートウォッチやウェアラブル端末と呼ばれていますね。

この時計型ガジェットはランニングの1キロごとのペースや心拍数、現在の走行距離と液晶ディスプレイとなった時計の文字盤に表示してくれます。

別にスマートフォンでもいいよね?

はい、スマートフォンで十分です。

スマートフォンにもGPS機能やランニングのアプリケーションも多数ありますので、お好みのアプリケーションを使ってランニングの計測をすることができます。

しかし、ランニング中にスマートフォンを手に持って走れますか?

ポケットやポーチの中に入れて、確認のたびに出すのは面倒ではないですか?

手が滑ってスマートフォンを落として壊す可能性も高いですよ。

走りながらスマートフォンを取り出してみるのは危険だぞ!

時計型ガジェットを着けてランニングをすれば、腕をチラッと見るだけで現在のランニングの情報を確認することができます。

どんな機能があるの?

メーカー、機種、価格帯によって機能の制限はありますが基本的には次のような機能があります。

時計機能(ストップウォッチ)

ランニング中にあると地味に便利な時計機能。
時計型だから当然ですね。

心拍数

手首の脈拍から現在の1分間の心拍数を表示してくれます。
自分の最大心拍数の60%〜70%を目安に走るとよいので、目安より低ければペースを上げ、高ければペースを下げるという判断材料になります。

最大心拍数ってどうやってわかるの?

大雑把にはなりますが最大心拍数は220から年齢を引いた値になります。
例えばあなたが35歳の場合は以下のようになります。

220 – 35(年齢) = 185

よって、最大心拍数からランニングにあなたに適した心拍数は以下の範囲になります。

60%:185 × (60 / 100) = 111
70%:185 × (70 / 100) = 129(小数点以下切り捨て)

走行距離

端末に内蔵された(※)GPSから現在のいち情報を取得して走行距離の計測、走行ルートのデータを保存。
時計機能との組み合わせで1キロごとのペースも知らせてくれるので自分の走行ペースも数字でハッキリと知ることができます。
保存したデータはスマートフォンのアプリと連動して地図上であなたの走った道のりを表示してくれます。

※GPS機能がない機種はスマートフォンとのペアリング(接続)でGPS情報を取得しています

ランニング初心者まずは5km!ランニング初心者が慣れるまでに目安にする距離

いちいちスマートフォンを取り出す手間が省けますね。

どんな時計型ガジェットがあるの?

AppleWatvh(アップルウォッチ)

スポーツをしない方でも知っているApple社が出している時計型ガジェットです。

あなたのスマートフォンがiPhone(6以降)であれば、特に細かい設定も必要なく、スマートフォンと連動して電話、メールの着信、通話も可能です。

パソコンがMacの場合はAppleWatchを装着していればでMacのロックを自動で解除してくれる優れものです。

アップルウォッチ

※Androidのスマートフォンでは一切使えまん

GARMIN(ガーミン)

ランナーなら誰もが知っている、欲しくなるのがGARMINの端末です。
スポーツに合うデザインで、機能も一通りあります。

スマートフォンがiPhone、Androidでもどちらにも対応していますので、スマートフォンの縛りがないでスマートフォンを変更しても使えることが嬉しいですね。

2018年8月時点の高価な機種ではAppleWatchと同様に端末自体にICカードで支払いもできますので、ランニングにお金を持っていく必要も減ります。

Fitbit(フィットビット)

GARMINと同様にランナーなら誰もが知っているメーカーですね。

特徴としては、安い機種で10,000円からとGARMINと比べるとお手頃でランニング用でとして試しに買ってみるにはいい機種です。

上記の説明を表にして比較しましたので、あなたの要件に合うものを洗濯してください。

2018年8月時点

AppleWatch GARMIN fitbit
価格 40,000〜 12,000〜11,000 10,000〜40,000
デザイン 1種類 多い 5種類くらい
スマートフォン iPhone6以降 iPhone/Android iPhone/Android
良い点 設定が楽
Macの自動ロック解除
高級品は高性能でAppleWatchと同等の機能 安い
入門者用
悪い点 iPhone6以降でしか使えない 低価格帯の製品もあるけれど、高級品は高すぎる 種類が少ない

僕が勧めるのはGARMINです。

スマートフォンの縛りがないことがかなり大きいかなと思います。

AppleWatchは正直Apple製品好き以外にはオススメできないかなと思っています。

 

自分のペースを知って楽しくランニング

快適にランニング

時計型のガジェットがあればイチイチスマートフォンを出す必要もなく、走りながら無駄な動作もなくタイムやペースをリアルタイムに知ることができます。

無駄な動作がないことで転倒の防止にもなりますし、ペースも崩れることもなく快適にラニングをすることができます。

ランニング中に余計なことをしないで走りに集中するには時計型のガジェットは必須になってくる気がしませんか?

もし、購入に迷っているならモチベーション等ではなく「安全面」を考えてみてはどうでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です