30代の子持ちの時間もお金もパパがジムも通わず食事制限もなく筋トレとランニングのみで痩せます

犬山ハーフマラソン2018(本番編)

犬山ハーフマラソン2018(本番編)だよ。
本番編は4KM毎に当時の心境が回りの状況が書いてありますね。

正直、当日はただ走って終わり。だから感想だけ書いてもそうですかで終わるからね。

それに、その地点ではどういう状況だったかを、参加を考えている人の参考になればと思っているよ。

よかったら参考にしてください。

本番編
2018年2月25日の犬山ハーフマラソンに参加した記録です。
参加を決めた事から本番前日までは犬山ハーフマラソン2018(準備編)を参照ください。

犬山ハーフマラソン2018(準備編)

起床から出発まで

AM5時、起床。いつも通りの朝食(納豆ごはんと飲むヨーグルト)を済ませゲームをして時間を無駄にすごす
初参加ということで正直少しだけ緊張していました。緊張をほぐすためわざとダラダラと過ごして日常と錯覚させていました。

AM7時、ランニングウェアに着替えて1時間かけて入念にストレッチ。
ストレッチが面倒でもさすがに本番は入念にやります。ベストな状態で走っていい訳はしたくなかったのです。

朝9時過ぎ、スタートは10時だというのに今更ながら出発。理由は現地ではトイレ待ち20が分と聞いたので待ちを避けるため自宅で済ませて出発するためです。

会場までの移動

AM9時半過ぎ、電車内で半数以上がスポーツウェアを着た人だったので同じ参加者と分かっているため互いチラ見で意識しあう。

念のため言っておきますが変な意味ではありません。頑張るぞと意気込んでいただけです。

会場の最寄り駅である犬山遊園に到着。犬山遊園までの区間は定期の範囲外だったため、AppleWatchの電子マネー決済機能を利用してドヤ顔で改札を通り10分ほどあるいて現地到着。

 

(現地へ到着。このゲート?を見て一人で興奮していました)

着替えと荷物受付け

AM10時前、会場に着くのはよかったが、開催者から届いた会場の見取り図もロクにみていなかったため、更衣室と荷物預かり所の場所が分からず迷子になりかけるが駅から前を歩いている人に付いていくことで迷わずに済む。

 

(初参加のため予想以上に人が多くて少し驚いてました)

 

荷物を預けたところで僕がエントリーした初陣クラスがスタート地点へ向かう様アナウンスが流れる。
(電車で向かう方は犬山遊園駅まで行けばなんとかなるので気負わず気楽に行けます。)

初陣スタート

スタート地点

AM10時、スタート地点へ歩く人がかなり多く、正直こんな大勢の中走れるのかか疑問でした。

 

スタート地点へ到着するが実際のスタートラインからかなり離れた後方からスタート。

 

スタートの合図も聞こえなかったので前方が走り始めたのでいつのスタートかわかりませんでした。

4KM地点

平均ペース:5’06”
最初の4KMくらいまでは追い抜くためスペース探しでした。
自分から追い抜きもしますが追い抜かれた場合はその人の後ろに付いて一緒に追い抜すを繰り返してなんとか初陣集団前方まで追い付く。
追い抜いたり追い越されるときも周りに注意が必要だったりと危険を感じる。
この時点では追い抜くことばかりに気を取られ景色やレースの雰囲気を楽しむ事ができませんでした。

8KM地点

平均ペース:5’16”

相変わらず追い抜くスペースを探しては追い抜く、追い抜かれたら後ろに付くの繰り返しでしたが、初陣集団から抜け出し強者の集団へ突入。
途中で給水ポイントがありましたが、人が多かったためスルー。おかげで結構な人数を追い抜くことが出来ました。
そして、魚のかぶり物をしたランナーさんに抜かれギョギョギョと驚きましたが、それがきっかけで周りを気にする余裕がでてきました。

12KM地点

平均ペース5’15”

中間地点を超えて堤防のほうへ向かいます。この時点で体力があり余った状態だったのでかなりの余裕がありました。
渋滞も程よく解消されてやっとレースの雰囲気や応援に来ている方々の声援やコスプレランナーを発見したりと楽しめるようになりました。

スパイダーマンやドラゴンボールの悟空(スーパーサイヤ人)の格好をしてる人がいて僕も5日コスプレして走ってみたいとか考えてました。

16KM地点

平均ペース5’14”

 

レースも後半になり、楽しみながら走っていたらいつの間にか猛者の集団の中で走っていました。
結構な人数を追い抜いてきましたが、8KM当たりで追い抜かれたギョギョギョランナーさんは見当たらず、追い付こうとペースを上げようとするも疲れが出始めたのでスタミナ切れが近いと気づき持参した栄養ゼリーで栄養補給。

この間ペースは若干落ちましたが、栄養補給でペースアップで終盤はペースを上げます。

終盤からゴール

平均ペース5’00”

 

ここまでくると走るペースも同じ人が多く追い抜く事も考えずに済んだので純粋に周りを気にせず走れ、栄養補給も効いてきたのでペースを上げていきました。
同レベルの人たちと走っていたので純粋に抜いたり抜かれたりと走る事が楽しむ事ができて、最後はほぼ全力で走り切り無事完走です。

記録と順位

スタート合図からゴール:1時間50分30秒
スタート地点からゴール:1時間49分34秒
クラス別順位:99位(初陣参加者:約1600人)

(もらえると嬉しいものですね)

MogOhのぼやき

タイムには正直満足していません。一応1時間45分以内を目指していたので悔しい気持ちが強いです。

完走後も体力が余っており、電車の時間の関係で走って駅まで向かっても余裕があったくらいなのでもっとペースを上げる事ができたと思います。

 

悔しいので次回はも参加して次回は1時間30分以内のゴールを目標とします。

 

また、エントリーするクラスも重要であることにも気づきました。

 

僕は初参加とエントリー時の状況から控え目に初陣で登録しましたが、結果からすると上から2番目のクラスの猛者で登録すべきだったと反省。

 

追い抜いたりしていたので他の追い抜かれるランナーさんも気を使ったと思います。

 

次回は自分の走力に見合ったクラスで登録して1時間30分以内を目指します。

以上、犬山ハーフマラソン2018(本番編)でした。

ふぅ、マラソン大会の時よりこの記事のほうが疲れたよ。
お疲れ様でした。確かに当時の事をある程度メモは残していましたが思い出すのも大変でしたよね。
とにかくお疲れ様でした。

うぉおおおおおおおおお!

どうしたの?
僕よ!俺は感動している!怪我の挫折からの復活。
そして最後は記録に満足せずさらなる目標を挙げるとはさすが俺の相棒!
これからもがんばってくれ!

ありがとう。がんばるよ!
犬山ハーフマラソン2018(準備編)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です