30代の子持ちの時間もお金もパパがジムも通わず食事制限もなく筋トレとランニングのみで痩せます

激安コンプレッションウェアは買うな!効果なしで破れやすい!

こんな方に読んでもらいたい
  • コンプレッションウェアってなに?
  • スポーツ選手やランニングをしている人が履いているタイツってなに?
  • なんで激安は買っちゃダメなの?
  • コンプレッションウェアはどんな効果があるの?
  • どれを変えばいいかわからない

あなたはコンプレッションウェアを知っていますか?

横文字で覚えにくい名前ですが、コンプレッション(Compression)とは圧迫という意味で、体に圧をかけることでスポーツのパフォーマンスを上げる服となります。

要はスポーツ特化の高性能なシャツとタイツです。

高性能のなシャツとタイツ?そういえばよくランニングで着用している人がいるけど、オシャレに見える以外にどんな効果があるの?

本記事ではこのコンプレッションウェアの効果と、激安のコンプレッションウェアを勧めない理由をご紹介します。

コンプレッションウェアって?

スポーツ選手でよく見かけますが、ピチピチのタイツを着ている方を僕の個人的な感覚で2005年頃からみかけるようになりました。

コンプレッションウェアを見かけるようになった頃は

ただの日焼け防止やファッションですか?

と、思っていたくらいですが、実はスポーツをする人にとっては素晴らしい効果があるタイツなのです。

なんで体に圧をかけるの?

コンプレッションウェアは、普通のタイツと違って着るとキツいし、着たらもうピチピチでドラゴンボールのべジータのような格好です。

このキツい状態で圧をかけることで、筋肉がブレを減らし余計な動作を減らすことができるので無駄なエネルギーの消耗を抑え、圧によって体が動作後にニュートラルに戻る際のスムーズに動くような補助もしてくれ、さらに血液の流れをよくして乳酸値を抑える効果があります。

また、着圧をかけて覆っているので運動中に痛めた筋肉の繊維がバラバラにならないような効果や、テーピングのような技術も必要とせず間接の動きにももも補助にもなり、怪我の予防にもなります。

種類にもよりますが素材によっては汗を吸収しやすく速乾性があるものが多いので快適にスポーツをすることができます。

コンプレッションウェアのメリット

  • 着圧によるポーツでの動作のブレを軽減
  • 着圧による血流の改善で疲労回復効果
  • サポーターの役割もあるため怪我の予防
  • 汗を吸収してくれるので汗が飛び散らないし、肌がべとつかない
  • 日焼け防止にもなる
  • 男性の場合は見苦しい脛を見せないで済む
  • 足が細く長くみえる
  • 保温効果もあるので冬は暖かい

コンプレッションウェアのデメリット

  • 効果の期待できるコンプレッションウェアは高い最低¥10,000円以上
  • 体にピッッタリで汗や皮脂がべったりと付くので、定期的にしっかり洗わないと臭くなる
  • キツイため奪着が少しめんどくさい

なぜ激安のコンプレッションウェアはだめなの?

コンプレッションウェアは上記の通り、着圧による筋肉のブレの抑制、血流をよくする、姿勢改善の効果がありますが、激安のものは生地も薄く破れやすい、縫い目も脆く場所によって縫い目が痛い

タダのピチピチタイツだ!

実際に僕が購入した上下セットで1,500円くらいの激安のコンプレッションウェアですが購入して数カ月で穴があき、着圧もなく着心地も正直微妙なので後述の普段使っているコンプレッションウェアを洗濯中の時くらいしか着用しません。

破れたコンプレッションウェア

タダのファッション目的なら安物でもいいけどね。

僕が使用しているコンプレッションウェアはSKINSのA200というものですが、当時は上下で15,000円くらいで購入して4年近く経った2018年8月現在でも現役です。

僕が使っているコンプレッションウェア

(さすがにプリントの箇所ははがれたり全体的にゆるくはなったと思いますが、今でもしっかりと着圧がかかり一切破れていません。)

だから僕は安物は買わずに、最低5,000円以上のそれなりに値段のするものを勧めます。

おすすめのコンプレッションウェアは?

コンプレッションウェアで有名なメーカー3社をご紹介します。

ワコール(CW-X)

下着メーカーで有名な日本企業のワコール。

ワコールといえば女性の下着のイメージが強いので僕たち男性からするとあまり関係のなさそうなメーカですが、補正下着等のノウハウをもとに日本で最初にコンプレッションウェアを開発したメーカーで、野球で有名なイチローさんが2001年頃から試合や練習で使用していることから有名です。

日本のメーカーなので日本人の体型に合わせた設計をしているので、合わせやすいと思います。

ランニングで利用するならなかでもSTABILYX(スタビライクス)がオススメ。

着圧による疲労軽減のほかには腰や股関節のサポートが体の軸を安定させてくれます。

デサント(SKINS)

テザントというメーカーは僕は知らなかったのですが、オーストラリアの企業で水着やスキーウェアで有名だそうです。

着るサプリメントと呼ばれているSKINSのコンプレッションウェアは「バイオアクセレレーションテクノロジーと呼ばれる段階的着圧設計をしており、心臓から遠い部分は強い着圧をかけ心臓に近くなっていくにつれ着圧を弱くしています。

その効果は、血流のポンプ機能を強化して疲労を軽減させる働きがあります。

こちらのDINAMICは僕が使用しているA200とオールマイティなタイプのコンプレッションウェアで、サイズも日本人向けが多く初めて買う方におススメです。

僕が一番勧めたいコンプレッションウェアです。

アンダーアーマー

Undea ArmourのUとAが組み合わさったロゴが印象的なメーカーですね。

このアンダーアーマーのコンプレッションウェアこそが世界初のコンプレッションウェアだそうで1996年に発売されたそうです。

アンダーアーマーのコンプレッションウェアは「4ウェイストレッチ」という縦横無人のストレッチ、着圧が少し低めですが何も身につけていないような軽快さが特徴です。

愛用者の方から聞いたのですが「なにも着ていない感覚のときがある」との事。

そのうち本当にやりそうなので今のうちに通報しておこうか悩みます。

どう着こなすの?せっかくだからカッコよく着たい!

着こなしについてはセンスが問われるので難しい問題ですね。

とりあえず、上はTシャツ、下は短パンでも色さえ合ってればスタイリッシュだと思います。

スタイリッシュな格好で走るなんてテンションが上がりますよ!

僕の場合はこんな感じの格好ですね。

蛍光カラーがあまり好きではないのでシンプルに着ていますが、オシャレな方は本当にお格好よく着こなしています。

僕の格好

ちなみにコンプレッションウェアの下半身は下着をつけたままか迷う人もいるそうですが、下着はつけたままのほうがいいです。

コンプレッションウェアを着て快適にランニングをしよう!

コンプレッションウェアの効果を知ってどう思いましたか?

正直なところ、不要な人からすれば必要がありませんが、着圧による動作のブレの軽減や血流改善、間接のサポーターの効果で、着ている時と着ていない時の差が大きいです。

実際に10kmのランニングで着用したときのタイムと着用していないときのタイムが5分前後も違い、ランニング後も疲労もあまり残りませんでした。(下図)

コンプレッションを来ていない時の差

ランニングの上級者の方からすれば不要に思うかもしれませんが、ランニングの初心者や膝の痛みの心配な方には圧の効果でフォームも乱れにくくなるので着用することをおススメします。

そして、マラソンブームによるランニングウェアやシューズのデザイン性が向上したことでオシャレな物が増えているので、オシャレなランニングウェアと組み合わせ走るも楽しく快適なランニングをしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です